九州産業大学造形短期大学部

オープンキャンパス開催中

アニメーション・映像系

ひらめきが楽しさに変わる。自分ならではの作品づくり。

近年、インターネット、スマートフォン、デジタル放送等の出現により、 情報の伝え方が刻々と変化しています。そしてその媒体に合わせたコンテンツで 視聴者やユーザーに作品を届けることが必要になります。 この専攻では、視聴者やユーザーに興味を持ってもらうためには何が必要かを考え、 技術優先ではなく、「アイデア」を重視した 作品制作を目指していきます。

井上 博樹 准教授

カリキュラム

カリキュラムの仕組み

履修モデル

 

1年次 2年次
前 期 後 期 前 期

後 期

専門科目 デジタルコンテンツ技法
イラストレーション基礎
アニメーション・映像基礎
ストップモーションアニメーション
映像制作実習
サウンドデザイン
アニメーション・映像研究
DTVA
DTVB
3DCG
卒業研究

ピックアップカリキュラム

ゲーム・メディアデザイン基礎

ストップモーションアニメーション
映像を学ぶ上で基本となるのがストップモーションアニメーションです。映像が連続した写真の集まりであることを理解しながら、専用の機材を使用して、クレイ(粘土)やイラストを一コマずつ撮影しながら作品制作を行います。
3DCG
映像業界、ゲーム業界など様々な現場で使用されているMAYAを使用し3DCGを学びます。X軸Y軸Z軸の三次元空間を理解しながら、ポリゴンやサーフェスを操り作品制作を行います。

在学生インタビュー

将来は、ふるさと宮崎の活性化に貢献したい。

高校時代、卒業制作で音楽のMVを独学で作ったので、きちんとした技術を基礎から学びたいと思い、アニメーション・映像系を選択。人に印象を与える映像技術を学んでいます。仲間はみんな個性的で、話をするのが楽しく、アイデアづくりに影響を与えてくれます。学外活動では、たくさんの人と話をすることで、コミュニケーション力が身につきました。将来は、造短で学んだことをいかし、地元宮崎の活性化に貢献したいと思います。

湯地 愛実
宮崎県 佐土原高校出身

授業風景