九州産業大学造形短期大学部

オープンキャンパス開催中

ファッション・テキスタイル系

いまこそキミの個性や感性が必要とされる時代。

「デザイン力」と「思考力」としてのファッション・テキスタイルデザインに取り組みます。社会におけるさまざまな視点からテキスタイルの役割を考え、 豊かな感性と創造力に基づく芸術表現を実現するために、 構想と素材・技術の関係を学びながら作品制作します。 染織文化や現代芸術へ考察を深めて造形表現に反映させ、 ファッションデザイナー、アーティスト、テキスタイルクリエーターなどを目指します。

里山 萌味子 講師

カリキュラム

カリキュラムの仕組み

履修モデル

 

1年次 2年次
前 期 後 期 前 期

後 期

専門科目 テキスタイルデザイン基礎
アパレルファッション基礎
ファッションイラストレーションA
金工・アクセサリー基礎
テキスタイルデザインA(応用)
ファッションイラストレーションB
織A(基礎)
パターンメイキング Ⅰ
テキスタイルデザインB(表現)
ファッションビジネス演習
金工・アクセサリーA(シルバーリング)
織B(表現)
パターンメイキング Ⅱ
トンボ玉
卒業研究
金工・アクセサリーB(七宝)

ピックアップカリキュラム

パターンメイキングⅠ・Ⅱ

パターンメイキングⅠ・Ⅱ
デザインしたものを立体にするために重要なことはシルエットと着心地。この授業では、平面製図とドレーピング(立体裁断)の基礎を学びます。
アパレルファッション基礎
アパレル資材や縫製の基礎知識を学びながら服つくり工程の実習を行い、アパレル産業職務の奥深い専門技術と知識に興味を持つことを目的としています。

在学生インタビュー

みんなを笑顔にできる、
アクセサリーを作りたい。

卒業生である母の勧めもあり、造短への入学を希望しました。当初は金工・アクセサリーの卒業制作を考えていましたが、2年前期に受けたファッションの研究授業で自分にはファッションが向いていると判断し、変更。現在、ビーズ刺繍を洋服に取り入れて、ドレスやトップスを制作しています。造短で学ぶことで、性格が明るくなったと友だちに言われ、ビックリしています。将来は、みんなを笑顔にできるアクセサリーを作りたいと思います。

甲斐 龍児
福岡県 常磐高校出身

授業風景