九州産業大学造形短期大学部

オープンキャンパス開催中

インテリア・プロダクト・雑貨系

すべての人に心地よい思いやりの生活空間を提案する。

インテリアというと室内装飾のみと思われがちですが、ここでは商店のディスプレイや家具のデザインはもちろん、住宅・公共施設・商業施設の設計や町並みの計画までと幅広く、人を中心に物と空間の相互関係を学びます。身の回りの生活環境を多角的に観察することでその問題点を見出し、すべての人にとって豊かで心地よく、思いやりのある環境空間へと改善していく具体的提案を行います。

大久保 亨 准教授
中谷 昭子 専任講師

カリキュラム

カリキュラムの仕組み

履修モデル

 

1年次 2年次
前 期 後 期 前 期

後 期

専門科目 デジタルファブリケーション
インテリアプロダクトデザインA
(テーブルウェア)
CAD技法
インテリアデザイン基礎
プロダクトデザイン基礎
ファニチャーデザインⅠ
建築デザインⅠ
プレゼンテーション技法A(模型)
プレゼンテーション技法B(パース)
ショップデザイン
材料加工
インテリアデザイン研究
プロダクトデザイン研究
ファニチャーデザインⅡ
インテリア・プロダクトデザインB(照明)
CG技法
建築デザインⅡ
卒業研究
建築・インテリアデザイン
プロダクトモデリング

ピックアップカリキュラム

建築・インテリアデザイン

建築・インテリアデザイン
CADソフト(VectorWorks)などを活用して、建築・インテリア図面の練習を行います。またCAD基本ソフト(2次元、3次元)の作図法を学ぶとともに、図面作成とプレゼンテーション技法を身につけます。建築、インテリア、家具、照明などの制作を想定した課題に取り組み、より実践的な学習を行います。
建築デザインⅠ・Ⅱ
工学系の技術的な要素を踏まえた上で、従来の「形式や形態」にとらわれない、デザインを重視した設計を目指す上で必要な知識を習得します。

在学生インタビュー

豊富な10系列の学びで、幅広い知識が身につきました。

高校で受けた立体作品制作の授業でモノづくりの楽しさを知り、目指す道にしようと決めました。造短を選んだのは、10系列という豊富な学びがあると知ったからです。今は卒業制作として「商店街に建つ高齢者のための集合住宅」に取り組んでいます。造短での学びのおかげで、家具をデザイン・販売する会社に内定。造短で身につけたCADを駆使して、お客様に喜んでいただけるデザイナーを目指します。

中林 美雪
島根県 出雲北陵高校出身

授業風景