九州産業大学造形短期大学部

オープンキャンパス開催中

写真系

写真を通して見えるキミの中の新しい創造力。

写真芸術の様々な表現様式と技術、そして美学的概念を研究し、知識を修得していきます。絵画、彫刻、デザイン、メディアアート、映像など他の媒体との積極的な交流と科目履修をすることで 写真基礎の上に、現代アート的な感性をもつ写真家を目的とします。 卒業後には、表現としての写真芸術だけでなく、様々な実用的な写真分野(コマーシャル、ファッション、 雑誌、新聞、人物)の現場で積極的な実力を発揮できる人材を育成するためのカリキュラムを設定し、 仕事の現場で必要とする写真分野を体験していきます。

シム ウヒョン 専任講師

カリキュラム

カリキュラムの仕組み

履修モデル

 

1年次 2年次
前 期 後 期 前 期

後 期

専門科目 写真基礎演習
(共通選択必修)
写真芸術論
(共通選択)
写真表現Ⅰ
デジタル写真A(写真デザイン)
写真表現Ⅱ(模倣から創作へ)
写真照明技術
デジタル写真B(表現)
ストックフォト基礎
現代写真史
写真研究
ポートフォリオ制作実習
営業写真実習
映像制作実習
写真研究
ポートフォリオ制作実習
営業写真実習
映像制作実習

ピックアップカリキュラム

デジタル写真

写真表現Ⅱ(模倣から創作へ)
写真表現Ⅰでの写真基礎知識を身につけた上、写真芸術の様々な表現様式と技術、そして美学的概念を研究し、知識を修得していきます。現代アート的の感性をもつ写真家を目的とします。
ストックフォト基礎
実用的な写真分野(コマーシャル、ファッション、雑誌、新聞、人物)を研究します。最終的に表現する媒体、目的に合わせて写真撮影が出来る能力とその写真を中心にした編集デザインを身につけます。

在学生インタビュー

初めての一人暮らしで、責任感が生まれました。

以前から写真に興味があり、たくさんのフィールドで授業を受けていくうちに、写真についてもっと深く学びたいと思うようになり、写真専攻に決めました。今は、モデルを探し、ロケに行き、撮影をして、編集作業を行う作品づくりをしています。入学と同時に一人暮らしをスタート。単位や課題、そして生活全般をすべて自分でやる、これまでと違う環境に戸惑いましたが、気を引き締めて、何事にも責任を持って行動するようになりました。

小川 亜里沙
福岡県 敬愛高校出身

授業風景