九州産業大学造形短期大学部

オープンキャンパス開催中

入試・入学案内

編入学生からのメッセージ

造短の編入学サポート体制は万全。自信を持って試験に臨むことができました。

佐賀大学 文化教育学部 美術・工芸課程

絵を描くことが好きだったので、芸術を幅広く学べる造短を選びました。美術で社会貢献ができればと思い、見識を深めるために佐賀大学への編入学を決意。編入学試験対策として、モチーフを3時間以内に油彩で描く練習を繰り返しました。専攻の先生から試験対策として課題を出していただいたり、親身に相談にのっていただきました。キャリア担当の先生からは面接指導を受け、さらに前年度佐賀大学に編入学された先輩からもアドバイスをいただくなど、充実したサポートを受けることができました。造短で学ぶことで、多くの絵や人や様々な価値観に触れ、「素敵だ」と思うことが多くなりました。この感性を作品に取り入れながら、さらに前進したいと思います。

[ファインアート平面専攻]上中島 陽菜
福岡県 つくば開成高校出身

より深く陶芸を学びたいと思い、編入学を決意。

九州産業大学 芸術学部

より深く陶芸を学ぶための施設・設備が充実し、また様々なニーズに応えるという教育理念に魅力を感じ、編入学先として九州産業大学を選びました。編入学対策としては、できるだけ多くの科目を履修し、自分の可能性を広め、またたくさんの人たちとコミュニケーションを取り、授業以外でのつながりを大切にするよう心がけました。造短のサポート体制は万全で、安心して進路を考えることができました。造短での2年間で同じ夢を持つ仲間たちと触れ合い、刺激し合うことで、自分の感性やデザイン力に磨きをかけることができました。これから、九州産業大学で陶芸をより深く学び、陶芸のデザイン性、芸術性を自分の中で開花させ、将来の力にしたいと思います。

[陶芸専攻]白谷 祐人
福岡県 大牟田高校出身

造短で学ぶことで、物事に対して前向きに取り組めるようになりました。

九州産業大学 芸術学部

ワークショップや展覧会、さらには街での芸術活動に興味があり、積極的に参加したいと思い、ワークショップなどが盛んな九州産業大学への編入学を希望しました。対策としては、まず多くの単位を取得し、知識や技術を身につけることに努めました。またphotshopやIllustratorの資格取得講座も受講して、制作の幅を広げ、より良い作品づくりに励みました。編入学にあたっては、先生方が親身になって相談にのってくださったので、とても安心できました。造短では、自分の興味、関心のあることをたくさんの仲間たちと学ぶことができ、物事に対し前向きに取り組めるようになりました。将来の夢はプロダクトデザイナーになることです。自分がデザインしたキャラクターを雑貨として商品展開したり、ハンドメイドのモノを作りたいと思います。

[プロダクトデザイン専攻]松尾 巴瑠渚
福岡県 光陵高校出身

やりたいこと、学びたいことに対して貪欲になりました。

和光大学 表現学部 芸術学科

少人数教育で、他学部・学科の授業を受けることができ、またフィルム写真の制作を続けながらプロデュースの勉強ができることを知り、和光大学への編入学を選択。編入学試験は作品を持ち込んでの面接試験だったので、授業課題や卒業制作と並行して取り組んだ編入学試験の作品づくりは大変でした。また、研究レポートの提出があり、何度も書き直して作り上げました。努力を積み重ねることで編入学試験に合格することができました。造短で学ぶことで、積極的になり、やりたいこと、学びたいことに対して貪欲になりました。また芸術に対する考えや姿勢も、以前より深い所まで考えるようになりました。写真家兼プロデューサーを目指して、さらに努力したいと思います。

[写真専攻]大塚 理加
熊本県 熊本信愛女学院高校出身