九州造形短期大学

オープンキャンパス開催中

生活デザイン領域

陶芸系

陶芸系

キミたちの感性が、伝統を現代へとつなげる。

「土をこねて焼く」「焼きものづくり」という行為は、縄文時代から現代までの1万年に及ぶ長い歴史の中で続けられてきました。電動ロクロが生まれ、ガス窯が開発された現代でも、その基本の作業はなんら変わりありません。陶芸系では、その伝統を受け継ぎながら、現代を生きる私たちの生活に必要な、そして豊かな彩りを与える「焼きものづくり」の技術や知識を学んでいきます。

カリキュラム

履修モデル

専門科目

1年次
前 期 後 期
描写 Ⅰ
立体構成
インテリア・プロダクトデザイン
(テーブルウェア)
陶芸基礎
金工・アクセサリー基礎
2年次
前 期 後 期
陶芸A(食器)
陶芸研究
陶芸装飾
金工・アクセサリーA
(シルバーリング)
陶芸B(大物)
金工・アクセサリーB
(七宝)
卒業研究

ピックアップカリキュラム

陶芸基礎
ロクロ成形の技術を中心に、釉薬や焼成などを学び、陶芸制作の流れを総合的に修得します。
陶芸装飾
絵付や象嵌など、陶芸装飾の技法を学びます。陶芸装飾のほとんどの種類を体験できます。
陶芸基礎
在学生インタビュー

岸 さゆり福岡県・精華女子高校出身

岸 さゆり
福岡県・精華女子高校出身

有田の陶器市などでお皿を見るのが好きで、陶芸を学びたいと思いました。授業では土の扱い方やロクロの使い方などの基礎学習から。土を練り、形を整え、焼き上げて完成した時の感動はひとしおです。

授業風景