九州造形短期大学

オープンキャンパス開催中

入試・入学案内

編入学生からのメッセージ

4年制大学でさらに感性を磨き、絵画と陶芸を融合した作品を創りたい。

佐賀大学 芸術地域デザイン学部・芸術表現コース

 編入を考えるきっかけになったのは、他大学で陶芸を学んでいた従姉妹の卒展。コップや器のイメージだけの陶芸でしたが、並んでいたのは動物をモチーフにしたオブジェなど、自由な発想で創られたものばかり。すっかりその魅力に惹かれ、新しい環境では、造形短期大学部で専攻する絵画と陶芸を融合した作品づくりに挑戦しようと決めました。その後、模擬面接や小論文対策など、先生や職員の方のサポートを受けて無事に試験に合格。編入後は4年制大学の幅広いフィールドをいかし、多くの刺激を得ながら感性を磨きたいと考えています。

[絵画・立体造形系]梅本 翔
広島県 広島工業大学高校出身

造形短期大学部で意欲的に勉強すれば、九産大への編入がますます有利に。

九州産業大学 芸術学部・芸術表現学科

 将来の目標は、中学校の美術教師になること。そこで1年次から特別履修制度を利用して九産大の教職課程を履修。教諭一種免許状を取得するには、4年制大学の卒業が条件となるので、当初から編入も視野に入れていました。いくつかの大学を候補に考えていましたが、試験が面接のみという点と、造形短期大学部の学長推薦が得られ、合格しやすくなったことが後押しとなり、九産大を選択。教職や卒業課題制作など、めまぐるしい日々でしたが、コツコツと学業に打ち込んだ努力が実り、夢に近づくことができました。

[絵画・立体造形系]若木 桃子
熊本県 第二高校出身